読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロック幼稚園

自分なりのロックを語ってます。

FIRE ARROW / JELLY→

オッケーファイヤーファイヤー!
だせぇ大人になりたくないなら冒険は必要さ!

少年が大人へ変わる心の声を代弁してくれてるかのように刺さる詞と変幻自在に変化していく独特のメロディーを送ってくれたロックバンド

JELLY→(ゼリ→)

90年代に清春プロデュース(名前をかしただけとの事)
でパンクバンドとして世の中にでて活躍していました。

髪を立て

革ジャンきて

中指立てる

そんなパンクに興味は湧かなかったの

だが


このバンド!!

とても真剣にロックを追求する変態バンドでした!!

アルバムも出す度に変化していき

大きく変わりはじめたのが

青空はつったたまんま眠っている

というアルバムより。

これを聴いてハマりはじめました。

サウンドは少しひねった独特なリズムパターン、短音のリフが増え、目立ちすぎるラインにそわない奇妙なベース、

ストレートな詞ではなく風景を想像させる抽象的な詞

オンリーワンなメロディー探しはじめたのが分かる生まれたてのメロディー。

これが個人的には大ヒット!

そこから出るアルバムが毎回

色が違えど

メロディーがホントに毎回新しく
ききなれない音階に気持ち悪さもはじめて与えられた歌もあります。

そして

ラストになってしまったアルバム

FIRE ARROW

これ集大成です。

特に1曲目は、、、

もうメロディーは遂に最終形態になり最強に独特なリズム!心地よい音階を与えてくれるとこまでいきました。

こんなバンドになるなんて

驚きばかりでした。

この曲はこれからも一生聴く素敵な勇気をくれるロックソングです。

FIRE ARROW / JELLY→ - YouTube


今は新しくバンド組んで活動されてますが

この曲を演奏しないなんてもったいなすぎますよ。

新しい形で名曲と言われる曲は生き続けて欲しいです。