読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロック幼稚園

自分なりのロックを語ってます。

横山健 ギタリスト あらわる

f:id:dozaemonz4:20160617000133j:plain

この方をご存知でしょうか?
90年代日本にパンク、メロコアブームを作りだし今もなおパンクのカリスマとよばれ日本のパンクシーンの頂点にいるお方。

そう、そうです。
横山健~!!!
アーティスト名はken yokoyama

90年代に活躍した最強パンクバンド
Hi-standard」通称ハイスタのギタリストであります。

健さんの弾くギターは当時ギタリストに興味のなかった僕にきっかけ、かっこよさを教えてくれました。

ハイスタが流行っていた時は学生の時で当時僕はヴィジュアル系の音楽ばかりきいて見た目、音含め少し過激にかわったのが好きでした。

ある時友達たちとバンドを組むことになりその中の一人がハイスタをやりたいと言ってメイキングザロードというアルバム音源をかしてくれました。

そして、それを聴いた瞬間、、、


なんだ、この普通でモサッとした声は、、、曲も良さが分からない。
でした(笑)


そりゃ、ヴィジュアル系ばかり聴いてりゃピンとこないでしょう。

ただその音源を聴いて妙に思ったのがギターの音気持ちええ音だなー、なんかギターすげー歌ってる気がしてかっこええなー。

これが横山健さんとの出会い。

ただはじめはそれぐらいでそのバンドが終わったら聴く事もなく忘れてました(笑)

それから何年かして横山健さんがソロになりたまたまタワレコへいって健さんのファーストアルバムと出会い聴いてみるかー、とヘッドフォンした時、、、


1曲目が意外や意外アコースティックでした。

「I GO ALONE」
一人でいくよと歌った歌。
そのギターはやっぱり心地良く、お世辞にも上手とは言えない歌でしたが味のある声だなー思いました。

この曲のメロディーが凄い好きになりアルバムを買いました。

そのアルバムに入ってるギターはやっぱり生き生きしてて心地良いものでギターってかっこいいなー、ってか健さんの弾くギターが最高にかっこいいと思ったのです。

それからは完全なるファンになり健さんの活動をチェックするようになり、
健さんが放つ言葉にも凄い興味を示すようになりロックの内側を考えるようになりました。

それまでの僕はロックミュージックが好きでロックの持つ意味を理解してませんでした。

単純に派手でかっこいいロックミュージック!

それじゃなくてその人が放つロックを聴くようになりました。

それは音楽だけじゃなく生き方や考え方。

見た目のロックから内側のロック。

僕は弱い心をロックすると誓いました。
弱いから負けない、強くないから強くなろうとする想い、自分らしさを貫く自分を信じる強い信念など、、、

うまくいえませんがそーゆーきっかけは健さんに勝手にいただいたと思っています。